篠原 信一プロフィールPDF版ダウンロード

篠原 信一宣材写真をご希望の方

宣材写真をご希望の方は、下記フォームよりメールアドレスを入力し送信してください。
追ってダウンロードURLをご連絡いたします。

メールアドレス

柔道家 篠原 信一(しのはら しんいち)シドニー五輪メダリスト

誕生日
1973年1月23日
身長
190cm
出身
兵庫県
血液型
B型
段位
五段
得意技
大外刈り
シドニー五輪
銀メダリスト
監督歴
天理大柔道部監督
ロンドン五輪柔道日本代表監督

中学1年より柔道を始め、育英高等学校を経て天理大学に進学。大学生の時に才能が開花し、外国人に負けない体格と技術、パワーによって多くの大会を制覇した。
シドニーオリンピック100キロ超級にて銀メダルを獲得。決勝で、フランスのダビド・ドゥイエと対戦した際に、ドゥイエが内股を仕掛けてきたのに対して内股すかしで返したが、主審と副審の一人はドゥイエの技を有効とした。もう一方の副審は篠原の技を一本と宣告した。山下泰裕選手団監督は、審判委員から審判団の再協議を申し出られたにもかかわらず、フランス語の分からない山下はそれに気づかず試合の継続を許してしまった。結局、試合時間が過ぎてドゥイエの優勢勝ちとなった。試合後、山下泰裕選手団監督及び日本選手一同が猛抗議したが、判定は覆らなかった。
日本国内でも、誤審に対して抗議が殺到したが、それでも篠原は「審判もドゥイエも悪くない。全て自分が弱いから負けたんです。」とそれ以上言明せず、潔く引き下がった。
2003年に現役を引退。引退後、柔道部監督の傍ら、国際大会での解説を務め、その明るい人柄からバラエティー番組へのゲスト出演も数多くこなす。
2010年世界選手権ではその新鋭たちの活躍により日本男子の獲得メダル数は過去最大となった。だが、2012年ロンドンオリンピックでは日本男子史上初の金メダル0個という結果に終わり、篠原は「これは私の責任。特に選手に対して最も申し訳なく思う。」とコメントし、辞任することになった。
言い訳をする事を良しとせず、不器用な男気あふれるその姿は正に古き良き日本男児である。